信用格付けとは

信用格付けとは

債券などの金融商品や企業毎に信用状態を評価し、信用格付(Credit Risk Rating)と言われる格付けを行っているものです。
これは民間の格付機関(信用格付会社)が国債や社債などの債券投資をする投資家向けに、将来における元本の支払いや利息の支払いが確実に履行されるかどうかを評価し、その信用度合(債務の返済可能性など)を記号化して表現することで、その会社や国(発行体)のリスク度合いを分かり易く表示したものです。

格付は格付会社によって評価方法や表記が異なりますが、通常はアルファベットや数字を組み合わせて記載されます。

例えばスタンダード&プアーズの場合は以下の通りです。
(どちらの会社も似たような記号を使っています)

AAA(トリプルA) 債務履行の確実性が最も高い。
AA(ダブルA) 債務履行の確実性は極めて高い。
A(シングルA) 債務履行の確実性は高い。
BBB(トリプルB) 債務履行の確実性は高いが、将来確実とはいえない。

※これらに加えて、例えばAA-(ダブルAマイナス)とかA+(シングルAプラス)という風にAAAを除いた各段階に、+は上位、符号無しは中位、-は下位・・・と、各段階が3段階に分けられて表記されます。

※よってBBB-(トリプルBマイナス)以上が「投資適格」と言われる信用格付です。

投機的格付け

ここから下(BBプラス以下)は「投機的格付け」と言われる格付です。

BB 債務履行に当面問題はないが、将来確実とはいえない。
B 債務履行の確実性に問題がある。
CCC 現時点で不安定な要素がある。
CC 債務不履行(デフォルト)となる可能性が高い。
C 債務不履行(デフォルト)となる可能性が極めて高い。
D 現時点で債務不履行(デフォルト)をおこしている。

債券などに投資をする際にはこの信用格付けを参考にして投資すべきか否か、その格付けなら利回りは幾らであれば妥当なのか、などを判断することになります。
但し、リスクが高いほど債券に求められる利回りや利息(クーポン)も高くなるため、格付けが違う社債であれば、同じ投資適格債であっても信用格付けが低い債券の方が利息が高く設定されることになります。
つまり信用度が低い見返りとして利回りや利息が高めに推移し取引されます。

但し、格付けが低いからと言って必ずしも利回りが高くなったり、直ぐに返済が滞ったりする訳ではありませんし、格付けが高いから安心できるとも限りません。

例えば、1990年前後の日本が好景気に沸いていた頃、日本の大手銀行10数行の殆どがAAAの最高格付けでした。しかしながらバブルの崩壊とともに銀行の信用力は低下し、何と最高格付けを得ていた7年後には破たんする銀行まで出てきました。
近い例では、アメリカのサブプライム・バブルの崩壊がありました。それまでは住宅ローンをもとに組成した債券などにAAAの格付けが付けられていましたが、その数年後にはバブルの崩壊とともに債務返済が滞ってしまいました。
一方で投資適格ではない(投機的級)の新興国債券が、当該発行国の経済力の向上や政権の安定化に伴って適格級に格上げされたなども頻繁にみられます。

投資には様々な要因が関連してきます。格付けについても安易に信用せず、投資検討する際の指標の一つと考えておくべきでしょう。
※詳しくはネット等で関連情報をお調べください。

お電話で気軽にご相談 0120-69-1424 平日9:00~17:00
専門家が分かり易くご対応致します。
JSDA 日本証券業協会