[初心者でもよくわかる]債券投資について
~ 外国債券に投資されるお客様へ(三京証券の場合)~

弊社で取り扱っているブラジル国債やメキシコ国債、トルコ国債などの外国債券は、既に発行され流通している債券(既発債)となります。その為、お買い付けいただく際の債券単価や利回り、為替レートは日々変動いたします。

1.購入の際のポイント

買付けるタイミングを計るのは難しいですが、注意点として幾つかポイントがあります。

1)海外で起こる紛争や事件によっても

海外市場にて日々売買されている債券ですから、何か金融市場を不安定にする事件が発生すると価格が大きく動くことがあります。例えば特定地域での紛争やテロなどがそれに当たりますが、これに投資家が不安を感じれば「質への逃避」が起こり、例として、ブラジル国債を売って米ドル債を買うと言った投資行動が起こり易くなります。つまり売りが増えることによりブラジル国債の単価は下落し易くなります。

2)運用は余裕資金の範囲内で

為替の側面からは、この際にブラジルレアルを売って米ドルを購入する訳ですから、レアルは下落し易くなります。相対的に円が高くなることで投資家が保有する債券の円換算額が目減りすることになります。

もちろん、それらの国の経済情勢や信用度合いなど様々な状況によっても為替は変動しますから、全てを説明できる理由などはありません。それゆえ保有途中での多少の変動が気にならないよう、中長期の分散投資の一環とお考えいただき、余裕資金の範囲内での投資をご検討いただけるようお願いしております。

3)分散して購入するもの一方法

別の理由でも例えば、上記に連鎖したレアル安によりインフレ懸念が出てくれば市場金利が上がり易くなりますので、結果として債券単価も下がり易くなります。理想的には単価が安い時、そして円高の時に購入したいものですが、この判断は中々難しいものとなります。

一方で、国際情勢が安定に向かったり、ブラジル共和国の内政や経済環境などが評価されることで市場金利が低下すれば債券が買われ易くなり単価は上がります。同時にレアルも買われ易くなります(=つまり円安傾向)から、売却する際には円換算額での利益が出易くなります。債券の単価が上がるだけでなく利息も円安の恩恵を受けますから、円貨での受け取り額が増えることにもなります。

単価や為替の動向からこのような事象に配慮し、購入のタイミングを計ることになります。がしかし・・・、ピタリと当てるのは至難の業です。運用のプロですら間違え易い(難しい)判断ですから、実際の購入に於いては「概ね良いタイミングかな?」と感じた時に、複数回に分散して購入するなども効果的な投資方法の一つとされています。

2.経過利息(経過利子)とは

例えば年2回の利払いがある利付債(年2回定期的に利息が支払われる債券)を持つ場合には、保有期間中に時間の経過とともに日々利息が積み上げられていき、半年毎の利払い日にその利息が纏めて支払われるという考え方をします。つまり売買をする際には、売買時点までに積み上げられた利息を含めた代金が実際の売買代金となります。
この時間の経過とともに積み上げられた利息のことを「経過利息(経過利子)」と呼びます。
売り手は売却時に債券の売却代金に加え、それまでの経過利息分を受け取ります。買い手はその際に経過利息を支払うとともに、利払い日には半年分の利息金額を受けとることになります。

具体的には、利付債の売買に際して、買い手は債券の購入代金とは別に次回の利払い日に受け取る予定の利息のうち、前回利払い日の翌日から受渡日までの日数(経過日数)で日割り計算された利息相当分を支払い、反対に売り手は債券の売却代金とは別に、次回の利払い日に受け取る予定であった利息額のうち、前回利払い日から受渡日までの日数(経過日数)で日割り計算された利息相当分を受け取るという取引をします。

【具体例】
年2回の利払いがある利付債を、前回利払い日から2か月(60日)後に売買する場合の、買い手・売り手の受渡し代金を見てみましょう。
(本例において1ヶ月は30日とし、利払い日に18万円(年間36万円)の利息を受け取ると仮定)

経過利息: 18万円 ÷ 180日(半年) × 60日(経過日数) = 6万円
           (1年を360日として計算)

受渡代金: 債券の購入代金 + 6万円(経過利息)

買い手は債券購入代金+6万円を支払い、売り手は債券売却代金+6万円を受け取ることとなります。

※実際の経過利息算出時においては、債券により1年間の日数計算が異なります(ブラジル国債2028年1月10日償還は360日、南アフリカ国債2021年3月31日償還は365日)。

※外国債券では、為替スプレッドにより円貨での経過利息は買い手・売り手で通常異なります。

※上記記載の「売買」等は受渡日ベースとなります。受渡日は通常、約定日の3営業日後です

お電話で気軽にご相談 0120-69-1424 平日9:00~17:00
専門家が分かり易くご対応致します。
JSDA 日本証券業協会